【昭和ラブホ】HOTEL Momo 501 レビュー ホテル モモ 宮城県名取市のラブホテル 温泉+ラブホの最強コンビ!レトロなラブホでゆっくりしていってね!

ハロー、ゾンビちゃん(@zombiechan66)です。今回は温泉付き超レトロモーテルにGO!

今回のお宿は宮城県名取市のHOTEL Momo 501号室。仙台南部道路、山田ICより車で5分の戸建形式のラブホテル。

どうやらお風呂に温泉を引いている昭和ラブホという評判を耳にしたので訪問してみましたが…。

ちょっと入るのにためらう外観…

本当はベンツのベッドがあるお部屋に入りたかったのですが振られてしまい、空いていた501号室に。なかなか年季を感じますが…いざ入室!

入室後内線にて休憩か宿泊か聞かれます。こちらの小窓から、感じのいいおばちゃんに前払い。この支払い方法は初体験でした。

床一面カーペットって昭和っぽいよね

さて今回のお部屋。ベロア生地に金ボタンが目をひく円形ベッド。天蓋付きですが、ほこりもなくしっかり掃除されているよう。

ここ、回転ベッドの操作盤だったのかなぁ。

赤を基調としたお部屋。販売用冷蔵庫はなく、持ち込み用冷蔵庫の中はコップが2つ冷えています。画面からオーダーができるなどのテレビのホテルチャンネルはありません。

ドリンクは内線で注文。フードメニューはカップ麺のみ。また、お部屋から宅配ピザが頼めるようです。

あふれ出る昭和感

ベッド上のライト。レトロでかわいい。

なんていうかもうすごく使いづらいハンガーw

こちらが暖房。この上にはエアコンも。戸建タイプのラブホテルは冬は寒いイメージがありますが、暖かさは申し分なかったです。

これまたレトロなマッサージチェア。お部屋によってはあのドリームラブチェアも置いてあるのですよ…!

水回りは年季を感じる造り

洗面所。ドライヤーは一生乾かないやつだ。

  • 歯ブラシ×2
  • ヘアブラシ
  • カミソリ
  • ボディスポンジ
  • ヘアクリップ

「顔」用と「頭」用のアメニティ。シンプル・イズ・ベスト。コップは1つ。

  • フェイスタオル×2
  • バスタオル×2

このルームウェアがなかなか着心地がよかったのである。かわいいし。

トイレは大きいタンクがついていて便座が小さめのやつ。昭和っぽい。

そうだ、温泉入ろう

バスルームはさすがに寒い。シャンプー・コンディショナー、ボディーソープは壁に設置されているものだけです。

ジェットバスは故障中とのこと。水アカつらい。

お風呂のお湯は近くにある熊野堂温泉から引いています。ラブホテルと温泉の組み合わせは良いよね。

お湯の成分分析書。温泉に詳しい方どぞ!

【昭和ラブホ】モモ 501号室 シャワーの水圧 宮城県名取市のラブホ ホテルMomo

水圧は非常に強い。これで50%程度の開栓。全開にすると痛いくらいの水圧。シャワーも温泉水なのかは不明。

チェックアウトの時間が迫るとご丁寧に内線で連絡が入ります。基本的にルームサービス的なものは何もないので、お泊りセットや食料を準備してからの入室をおすすめします!

温泉+ラブホテルの最強コンビですが、設備は経年劣化の影響でそれなりにくたびれています。それをカバーするため、清掃は行き届いているように感じました。

とはいっても古き良き昭和レトロな雰囲気を感じられるホテルも年々少なくなってきている中で、ここまで継続して営業されていることは嬉しく思います。

宿泊料金については土曜・祝前日でも5,900円と非常にリーズナブルです。温泉もあるので、一人でゆっくり湯籠りでもいかがでしょうかw

がちほてをご覧いただきありがとうございます!
この記事がお役に立ちましたらご支援いただけると嬉しいです!
  • 金額は15円から可能です!初期設定の金額はお気になさらず!
  • 宛先(受取人のEメールアドレス)には「gachishien@gmail.com」とご記入をお願いします
  • 数量と送信日を設定してください
これからもラブホの役立つ情報を発信していきたいと思います! 今後ともよろしくお願いします!

がちほてをサポートする

他の昭和ラブホ記事はこちら!

HOTEL momo の基本情報

所在地宮城県名取市高舘熊野堂字五反田47-1
電話番号022-386-2241
URL http://www.hotenavi.com/hotel-momo/index.html