HOTEL LaCalme 306 レビュー ラカーム 宮城県仙台市太白区のラブホテル 安定感を求めるならとりあえずここに行くのです…!

画像引用元:いまチカ

ハロー、ゾンビちゃん(@zombiechan66)です。今回は当ブログおすすめのスタイリッシュなデザイナーズホテル!

今回のお宿は仙台市太白区のHOTEL La Calme(ラ・カーム)。
東北道沿い、南インターすぐの全35室のデザイナーズホテル。赤リボンが目印です。東北道を走ってると見えるよ。
東北自動車道仙台南IC「秋保」方面に降り、2つ目の信号を右折してすぐ 。茂庭浄水場手前。 車じゃないと不便な立地です!
令和初のラブホ宿泊ということで、安定感のあるこのホテルを選びました。

各階ごとにコンセプト違う

ラカームフロント

デカいタブレットでお部屋を選びます。裏にももう一台同じものが設置されています。メンバーズカードはここで入れましょう。その横にはウェイティングスペースがありますよ。

エレベーターで3階にあがるとシックでゴージャスな空間。ホストクラブみたい…行ったことないけど…。

各階で廊下のテイストは違うようです。今回のお部屋は306号室。

狭い部屋の方が落ち着く説

玄関はコンパクトです。

ベッド、テーブル、ソファーがギュっと詰まったスーペリアタイプのお部屋。画像手前の黒い部分がソファーです。

ベッドサイド。照明の調整パネルがベッドのすぐ横のちょうど頭のくる位置にあるので寝るとき眩しかった。フェイスタオルをかけて対処しました。
ちなみに周辺に電源はありません。ちょっと不便。

ベッドのお向かいにテレビ。ごろ寝してテレビ見るのサイコゥー!!

この位置にソファーだと結局ベッドに座っちゃうよね。

ベッド脇のスペースにもろもろが入ってますよん。

ミネラルウォーター1本とウェルカムドリンク1本が無料です。ウェルカムドリンクは大体サンガリアの缶ジュースか午後の紅茶が多いかな。また、メンバーになると1人1杯ドリンクがオーダーできるよ。

清掃が行き届いた水回り

おしゃれな洗面台。もう少し大きくても良いかな。使い方にもよるけど、結構水が飛び散ります。

Panasonicのドライヤーとヴィダルサスーンのコテ。

  • バスタオル×2
  • フェイスタオル×2
  • ルームウェア×2

大きいお部屋を選ぶとバスタオルが最初から4枚備えてあります。

トイレの蓋はオート。引き戸は隙間がガバガバでいろいろ聞こえるので気になる人もいるかも。

広すぎず狭すぎずのバスルーム。掃除も行き届いており安心して入れます。

洗い場と脱衣所の段差がほぼないので注意。浴槽にお湯を入れすぎてあふれさせてしまうとお部屋までお湯が漏れてしまいます。気をつけろ!

鏡はこちらの場所に。お風呂アメニティはDHC。

シャワーの水圧は強めだけど、水量の調節ハンドルが妙に堅かった。

意外とリーズナブルな料金

金曜日の20:30チェックイン、翌11:50チェックアウト。金曜日宿泊1部( 18:00~翌11:00 )が適応されて6,460円と延長料金2,020円(延長は 30分おきに1,020円 )で合計8,500円。これはメンバー料金なので、ビジターの場合は500円くらい高くなります。

ラカームすきすきクラブ

平成最後のラブホ宿泊はハズレを引いて発狂しかけたので、今回は安定感重視でラカームを選び大正解!
ちなみに発狂しかけたお部屋の記事はこちらですw

デザイナーズホテルなので、ラブホテル特有のギラギラしたエロい感じはありません。ホスピタリティ重視の方にはおすすめできるホテルです。
スーペリアタイプのお部屋は少し狭い印象ですが、大きな窓もあり朝は明るく、気持ちの良い空間です。
ラブホテルによくある、照明を暗くして清掃状態をごまかそうという魂胆は微塵も感じません。
立地は仙台市中心部から離れており、人によってはデメリットになるかもしれませんが、がちほて的には仙台のおすすめラブホテルNo.1です!
ゴージャス過ぎず、かといって古いわけでもなく、とにかく『ちょうど良い』という表現がぴったりのホテル、それがLaCalmeなのです(ステマじゃありませんw)。

同じスーペリアタイプの508号室のレビューも書いています。良かったらご覧ください。

室内の様子を動画で撮影したよ

HOTEL LaCalmeの基本情報

所在地 宮城県仙台市太白区茂庭字人来田西2-14
電話番号 022-281-6333
URL http://www.hotenavi.com/lacalme/index.html